トップ > 運動系ダイエット > ウォーキングダイエットと生活習慣病予防

ウォーキングダイエットと生活習慣病予防

これまでウォーキングダイエットは、基本的に1日30分歩くのが効果的だといわれていましたが、最近の実験では、30分を1回歩いても、10分を3回に分けて歩いても、効果に変りはないことが明らかになったようです。

その理由は、脂肪を分解するリパーゼという酵素が、運動開始10分ぐらいから働き始め、運動が終わってもしばらくの間は脂肪を燃やし続けてくれることがわかったからです。

1日30分のウォーキングが難しい人でも、10分づつ3回なら、自分のペースに合わせて無理なく取り入れることが可能ですね。

また、息が切れるほどの激しい運動をすると、糖質80%、脂肪20%の消費であるが、ウォーキングなどの軽い運動の場合は、糖質35%、脂肪65%となり、軽い運動の方が脂肪が燃え、ダイエットに有効なのだそうです。


ウォーキングダイエットをするときのポイントについて

・ウォーキングの時間は1日30分以上が目安だが、それを1回に行っても3回に行ってもよい。
・やや早足で歩く。いくら軽い運動がいいとはいえ、だらだら歩きでは効果は出ない。
・やや強く歩く。運動強度のなさすぎも効果がない。
・ウォーキングの途中や終わったあとに、手足や腰の筋肉を伸ばすなどのストレッチを取り入れると、さらに効果がアップする。


生活習慣病の予防にウオーキング

生活習慣病の要因の一つに、体脂肪があります。
体脂肪が30%を超えると、肥満とされますが、外見では判断できません。

筋肉が落ち骨が細くなると、脂肪が増えても体重は変わりません。正確な判断には、正確な測定が必要です。

また最近話題となったメタボリックシンドロームは、内臓脂肪が溜まることで、糖尿病や高血圧、高脂血症(最近は「脂質異常症」と呼ばれます)になる可能性が高くなります。

内臓脂肪を減らすには、食べすぎを減らし運動をすることです。

運動と言っても、最大の50%くらいの力で、充分なトレーニングになります。

日常生活の活動を1とすると、入浴が2倍、散歩が3倍、速歩が5倍、階段の上がりが6倍の運動になります。

散歩や少しの早歩きのウオーキングでも有酸素運動ができ、全身の持久力を高め、脳卒中や心臓病を予防することができます。

さらに、ウオーキングなどの運動は、脳を活性化するともいわれ、生活習慣病の予防には、最適なトレーニングといえます。

ウオーキングの変形として、足踏み運動や、踏み台を上がり下がりするステップ運動も有効です。

ウオーキングを楽しく続けて、体脂肪を減らし、生活習慣病を予防しましょう。このように、ウォーキングには、ダイエットのほかにも健康予防、生活習慣病予防の効果があるのですね。

この記事のカテゴリーは「運動系ダイエット」です。
健康的にダイエットするには、やはり適度な運動が理想的です。ここでは、そういった適度な運動系のダイエット方法についてまとめてみました。
関連記事

渡辺まりなさんとピラティス?「スマートピラティス」

渡辺まりなさんとピラティス?と不思議に思おう人もいるでしょうね、渡辺まりなさんとピラティスの関係を説明しましょう。渡辺まりなさんのピラティスを取り入れた運動は、実はダイエットの成功度が高いのです。 渡...

ピラティスはご存知ですか?

寝たままできるエクササイズが、ピラティスです。 渡辺真里菜がトレーニング本を出して以来、巷で話題の「ピラティス」ですが、考案者であるドイツ人のジョーゼフ・ピラティス氏が、第一次大戦で負傷した兵士のリハ...

ジャイロキネシスとは?

ジャイロキネシス,膝,カロりーコントロール,ダイエット,運動,へそ,丹田

ウォーキングダイエットと生活習慣病予防

ウォーキング,ダイエット,生活習慣病,予防

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索