トップ > 運動系ダイエット > ダイエット、シェイプアップ運動〜バランスボールに座って、背筋を伸ばそう!

ダイエット、シェイプアップ運動〜バランスボールに座って、背筋を伸ばそう!

ダイエット、シェイプアップ運動〜ボールに座って、背筋を伸ばそう!

運動補助具などとして使われる大人が乗れるほどの大きさのビニール製ボールが、人気を集めています。

もともとは、ヨーロッパで治療用やリハビリ用として普及したものですが、姿勢が良くなり集中力も高まると、このボールをいす代わりに使う学習塾や企業も登場してきているそうです。

川崎市の学習塾「岩沢学院」を訪ね、中学3年生の国語の授業をのぞいてみると、生徒7人が、直径55aの緑色のボールに座り、テストに取り組んでいました。

不安定さは全く感じさせないようで、「最初は腰が疲れたけど今は平気」「姿勢良く座れば、椅子よりボールの方が楽」など、子供たちには概ね好評です。

「バランスボール」「フィットネスボール」などの商品名で売られているこのビニール製ボールを、同学院が椅子として使い始めたのは2年前。

ヨーロッパの小学校で導入していることを知り、興味を持ったといいます。

「以前は机に突っ伏したり、ふんぞり返ったりしている子が多く、頻繁に注意していたが、今はそれもなくなった。集中力も高まったようだ」と学院長の岩沢慎さん。

インターネットの検索エンジンを運営する「グーグル」のオフィスにも、赤や黄、青のボール約40個が無造作に転がされているようです。

社員が自由に使えるように配慮され、サイズは3種類。「長時間、パソコンに向かう社員の腰痛対策になっています。色とりどりのボールが転がっていることで楽しい雰囲気が生まれ、発想も柔軟になります」と同社広報担当者は話します。

約25年前からイタリア製ボールを輸入販売している「ギムニク」によると、足を組むなど、悪い姿勢でボールに座ろうとするとバランスが崩れ、転びそうになる。そのため体は均衡を保とうとして背筋を伸ばし、自然と良い姿勢になるということだそうです。

ヨーロッパで1960年代に、障害のある子供の治療用道具として開発されました。その後、スポーツ選手がリハビリ用道具として使うようになり、80年代からは、小学校などで椅子代わりに導入される試みが広がったといいます。

日本では、フィットネスブームに後押しされ、ここ数年、家庭用としても普及しています。

大きさにもよるが、5000円前後が中心。安価で手に入るものも増えてきましたが、体を十分支えられる強度や耐久性のあるものを選びたいです。

海外での取り組みやボールの活用法を紹介しようと、大学教授やスポーツトレーナーらにより「日本Gボール協会」も発足しました。

同協会理事長で筑波大助教授の長谷川聖修さん(体操方法論)は、ゼミ室にボールを置いています。「同じ姿勢で何時間も椅子に座っていると、猫背が進み、内臓も圧迫されます。ボールの上なら、常に微妙に動くので体が楽。学生の居眠り防止にも役立っています」と話しています。

この記事のカテゴリーは「運動系ダイエット」です。
健康的にダイエットするには、やはり適度な運動が理想的です。ここでは、そういった適度な運動系のダイエット方法についてまとめてみました。
関連記事

渡辺まりなさんとピラティス?「スマートピラティス」

渡辺まりなさんとピラティス?と不思議に思おう人もいるでしょうね、渡辺まりなさんとピラティスの関係を説明しましょう。渡辺まりなさんのピラティスを取り入れた運動は、実はダイエットの成功度が高いのです。 渡...

ピラティスはご存知ですか?

寝たままできるエクササイズが、ピラティスです。 渡辺真里菜がトレーニング本を出して以来、巷で話題の「ピラティス」ですが、考案者であるドイツ人のジョーゼフ・ピラティス氏が、第一次大戦で負傷した兵士のリハ...

ジャイロキネシスとは?

ジャイロキネシス,膝,カロりーコントロール,ダイエット,運動,へそ,丹田

ウォーキングダイエットと生活習慣病予防

ウォーキング,ダイエット,生活習慣病,予防

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索