トップ > 運動系ダイエット > ダイエット効果抜群のトレーニング法とは?

ダイエット効果抜群のトレーニング法とは?

ダイエット効果抜群なのが、「スーパーサーキットトレーニング」です。

1日たった3〜5分×2セットででき、抜群のダイエット効果があるトレーニング方法があります。

それは、「スーパーサーキットトレーニング」と言います。

ウォーキングやジョギングなどの持久系トレーニングである有酸素運動と筋力トレーニング系の
無酸素運動を交互に繰り返し行います。

そうすることで、カラダの基礎代謝量をあげ、効果的に脂肪を燃焼させることができるそうです。

最も脂肪が燃焼しやすいといわれる心拍数150程度を維持させながらトレーニングすることが
ポイントになります。

心拍数は脈拍数とほぼ一緒なので、10秒間の脈拍数×6倍でだいたいの目安がわかるそうです。

短時間だし、やること自体も簡単だから、早速始めませんか?


●「スーパーサーキットトレーニング」有酸素運動のやり方

スーパーサーキットトレーニングを行うにあたって、ポイントとなるのが、心拍数を150に
キープすることです。

その150という心拍数キープをしっかりと意識しながら、その場ランニングを30〜40秒行ってから、
無酸素運動を行います。


●「スーパーサーキットトレーニング」無酸素運動のやり方

その場ランニング(有酸素運動)で心拍数を150にあげたら、無酸素運動です。
息を止めて約15秒間トレーニングします。

基本は、
1.まっすぐ立った状態から両手を床につける
2.両足を後ろに伸ばす
3.手と足を伸ばしたまま、腰を落としていき、
  うつ伏せの状態になる前に上半身と頭を反らしていく
4.ジャンプするように立ち上がり、腕を上に伸ばす

それから、また無酸素運動を繰り返します。

この基本動作以外に腕立て伏せや腹筋・スクワットなど筋トレの
基本形を息を止めた状態で行なってもよいですね。

その有酸素運動と無酸素運動の組み合わせと3通りくらいを1セットとします。

それを30秒から1分程度の腹式呼吸しながらの小休憩(インターバル)をはさんで、
もう1セットやれば、ダイエット効果は、かなりなものです。

呼吸法には、肋骨を広げたり閉じたりする「胸式呼吸」と、腹を出したり引っ込めたりすることにより横隔膜を上下させる「腹式呼吸」とがあります。

一般的に、女性には「胸式呼吸」が多く、男性には「腹式呼吸」が多いと言われていますが、「腹式呼吸」の方が、精神安定、血圧上昇抑制、脳の活性化などの効果が高いのです。

また、脳波がリラックスしたα波やθ波の状態になります。性別に関係なく、「腹式呼吸」を心がけたいですね。

腹式呼吸の基本ですが、意識しなくとも胸式呼吸でなく、腹式呼吸ができるように習慣づけたいものです。

それには、意識して腹式呼吸を身につけることから始めてましょう。吐くときに腹をへこませ、吸うときに腹を膨らませるという基本要領で行います。

この記事のカテゴリーは「運動系ダイエット」です。
健康的にダイエットするには、やはり適度な運動が理想的です。ここでは、そういった適度な運動系のダイエット方法についてまとめてみました。
関連記事

渡辺まりなさんとピラティス?「スマートピラティス」

渡辺まりなさんとピラティス?と不思議に思おう人もいるでしょうね、渡辺まりなさんとピラティスの関係を説明しましょう。渡辺まりなさんのピラティスを取り入れた運動は、実はダイエットの成功度が高いのです。 渡...

ピラティスはご存知ですか?

寝たままできるエクササイズが、ピラティスです。 渡辺真里菜がトレーニング本を出して以来、巷で話題の「ピラティス」ですが、考案者であるドイツ人のジョーゼフ・ピラティス氏が、第一次大戦で負傷した兵士のリハ...

ジャイロキネシスとは?

ジャイロキネシス,膝,カロりーコントロール,ダイエット,運動,へそ,丹田

ウォーキングダイエットと生活習慣病予防

ウォーキング,ダイエット,生活習慣病,予防

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索