トップ > 運動系ダイエット > ダイエットウオーキングの方法

ダイエットウオーキングの方法

ウォーキングでダイエット!

ウオーキングの有酸素運動でダイエットをしましょう。 

ウオーキングは体を元気にする全身運動です。 

1.ウオーキングは老若男女だれでも・どこでも(雨天は室内でも)
  安全(筋肉や関節に障害が無い)に出来ます。

2.歩く事は一見単純な動作に見えますが、一歩一歩歩く時には、体内の
  ほとんど全ての筋肉と骨が使われるので、すぐれた全身運動となるの
  です。

ウオーキングの効用 

・ウオーキングの有酸素運動により中性脂肪や総コレストロールが減少し、
 ダイエット効果や動脈硬化・高血圧・心臓病の予防になります。

・心肺機能が高まり持久力が付きます。
 筋肉のポンプ作用で血液の循環が良くなり心臓の負担が軽くなります。

・ストレスの解消に  
 環境が変わり体を動かす事により気分転換となります。

・骨粗鬆病の予防に効果があります
 全身を使うので骨や筋肉の強化となり、骨粗鬆症やひざ痛・腰痛にも良いです。

・姿勢がよくなる
 あごを引いて背筋を伸ばして歩くので姿勢が良くなります。

・老化の予防
 足腰を強化し、体の新陳代謝を活発にして老化の予防となります。

・脳を活性化させる
 高度のバランスを要する全身運動のため、多くの神経回路が働き、脳を活性化し脳を若くします。


●ウオーキングダイエット
 
このようにウオーキングの効果は多くありますが、体脂肪を下げてやせるには、
ただダラダラと歩くのではダメです。

どうするのかというと、足の着地と蹴り足を意識して、やや早歩きで歩くようにします。

・着地はカカトから。蹴り足は足の親指に重心をかけて。

・なるべく大股で、胸を張って姿勢を正して歩きます。手は肘を曲げてもいいし、
 力を抜いて、振り子のように、勢いに任せてもいい。

・また蹴り足のときに、大股ですから大殿筋をキュッと収縮させて歩くと、より一層効果大です。

・両手を大きく振って大股に早めの速度で長時間(1日40分は続けて)歩きましょう。 

・1週間に最低3日間は歩きましょう (毎日歩くのがより効果があります) 

・ウオーキングの時間帯は、より効果を上げるには早朝のウオーキングがおすすめです。
 歩き終わった後は、ストレッチも忘れずに。
 ストレッチは筋肉を使って暖まったあとに行うと柔軟性を高めます。
 
このようにウオーキングは「だれでも」「どこでも」「安全に」、しかもお金がかかりません。

さあ アナタもウオーキングダイエットを始めませんか?

この記事のカテゴリーは「運動系ダイエット」です。
健康的にダイエットするには、やはり適度な運動が理想的です。ここでは、そういった適度な運動系のダイエット方法についてまとめてみました。
関連記事

渡辺まりなさんとピラティス?「スマートピラティス」

渡辺まりなさんとピラティス?と不思議に思おう人もいるでしょうね、渡辺まりなさんとピラティスの関係を説明しましょう。渡辺まりなさんのピラティスを取り入れた運動は、実はダイエットの成功度が高いのです。 渡...

ピラティスはご存知ですか?

寝たままできるエクササイズが、ピラティスです。 渡辺真里菜がトレーニング本を出して以来、巷で話題の「ピラティス」ですが、考案者であるドイツ人のジョーゼフ・ピラティス氏が、第一次大戦で負傷した兵士のリハ...

ジャイロキネシスとは?

ジャイロキネシス,膝,カロりーコントロール,ダイエット,運動,へそ,丹田

ウォーキングダイエットと生活習慣病予防

ウォーキング,ダイエット,生活習慣病,予防

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索