トップ > ダイエット法あれこれ > チョコレートダイエットの方法について

チョコレートダイエットの方法について

チョコレートダイエットの方法について、みてみたいと思います。

あの甘いチョコレートとダイエット?

と、不思議に思おう人も少なくはないと思います。甘いものはカロリーが多いのですから、ダイエットの敵ですよね。

ところが、チョコレートに含まれる、カカオポリフェノールがダイエットに効く、という話なのです。

チョコレートには、ビタミンA、カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラル、食物繊維、カカオポリフェノールなど豊富な栄養素がバランスよく含まれています。

チョコレートは、高血圧の予防、動脈硬化の予防、がん予防、ピロリ菌や病原性大腸菌O-157を抑える、ストレスなどに効果があります。

あなたは肥満と感じていますか?ニュースによれば、肥満と感じている人が年々増えているそうですね。

しかし、カロリーはチョコレート50gで350Kcalあり、これは、ご飯2杯分にあたります。

また、普通市販のチョコレートは、糖分を多く含んでいますので、ダイエットには向きません。

チョコレートダイエットを効果的に成功させるやり方があります。

・カカオ分70%以上のチョコレート50gを、1日3回に分けて食べます。
・間食をしていた人
・中高年の基礎代謝が落ちている人
・女性で甘いものが続けられる人
・便秘気味の人

上記に該当する人が、チョコレートダイエットの効果が出やすいと言われています。

ただし、アレルギー体質の人は、チョコレートダイエットに向いていませんので、注意しましょう。


チョコレートのダイエット効果とは?

チョコレートを食べるダイエット方法があります。

チョコレートは、ビタミンやミネラルが含まれた、栄養の高い食べ物です。

また、チョコレートに含まれる食物繊維やポリフェノールが、ダイエットに効果を発揮します。

カカオポリフェノールのダイエット効果は、

・過食を抑える効果

 肥満遺伝子のレプチンの量を減らし、食欲を抑えて食べる気持ち を抑える

・満腹感が持続する

 アディポネクチンが増し、血糖値の上昇が緩やかになるため、糖 分が血中に滞在し、空腹感を抑える。

・基本代謝がアップする

 甲状腺ホルモンが活発になり、基本代謝がアップするため、エネ ルギーの消費につながる

さらに、食物繊維がお腹の調子を整え、便秘を解消します。

チョコレートに含まれる成分は、上記の作用があり、ダイエット効果が期待できます。

でもですね、安心して、油断してのたべすぎはやはりいけませんので、ご注意を。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。
寒天ダイエット、豆乳おからダイエット、低インシュリンダイエット、地中化意識ダイエット・・など、ダイエットの方法は数え切れません。そのなかから、代表的なダイエット法、話題のダイエット法などを取り上げてみました。
関連記事

耳つぼダイエットは6つのつぼ刺激で食欲を抑えます

耳つぼダイエットは、耳に集中するつぼへの刺激で食欲を抑制します 耳つぼダイエットとは、耳のつぼを刺激して、体のさまざまな機能を正常にしながら、それまでの太りやすく、痩せにくい体質から痩せやすく、太りに...

黒酢ダイエットについて

「黒酢ダイエット」とは、黒酢をとっていると体がアルカリ体質になり、いつまでも若々しさが保てるというダイエット法です。黒酢は1〜3年の期間をかけて熟成発行させて作られるためアミノ酸が多く含まれています。...

カルニチンダイエットとは?

「カルニチンダイエット」とは、中性脂肪、脂肪酸を活発に燃やしてくれるカルニチンを使ったダイエット法です。L-カルニチンはアミノ酸に分類される物質で、体内の脂肪酸をエネルギー源として利用する心筋や骨格筋...

サーキットダイエットの方法と効果について

サーキットダイエットの方法と効果についてですが、以前放送されたある人気番組では、サーキットダイエット方法の基本プログラムを1日に3分だけ、2週間毎日行っていました。14人が参加し、その平均効果が、なん...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索