トップ > ダイエット法あれこれ > 低炭水化物ダイエットの方法とは?

低炭水化物ダイエットの方法とは?

低炭水化物ダイエット」とは、どういうダイエット法なのでしょうか?

少し前にアメリカのアトキンス博士が効果を発表して話題になったダイエット法。

「パンやパスタなどの炭水化物の摂取量を極端に減らして、肉や脂肪、野菜を大量に取る」という一見非常識とも思えるダイエット法です。

アトキンス博士のローカーボ(低炭水化物)ダイエット」がアメリカで大人気となりました。

ご飯を食べないアメリカ人、パンや糖分さえ控えれば肉はお腹一杯食べてもOKというのが、アメリカでウケた点かも知れない。

元々日本人は、農耕民族で米をはじめとして炭水化物が大好きな人種、ご飯好きの日本人には辛いものがあるのか、思ったほど日本ではブレイクしなかったダイエット法だ。

でも、だからこそ炭水化物抜きダイエットはアメリカ人よりも日本人に、より効果が表れやすいというのです。

そう、普段ご飯や麺類をよく食べる人が、それをたんぱく質(肉や豆腐、豆類)に変えるだけで、しかもお腹一杯食べても痩せるんです!

なぜ炭水化物を減らすと痩せるのでしょう?

炭水化物を抜くと、身体のエネルギー源がなくなってしまいます。(通常炭水化物が人のエネルギー源)

身体はエネルギーを確保しようと、代わりの物からエネルギーを作ろうとします。

その代わりとなる物こそが、身体に溜まっていた「脂肪」なのです。

つまり炭水化物を抜くと脂肪が使われやすい身体になるのです。=余分な脂肪をどんどん燃焼してくれる。=体重減!!

一度、身体に溜まった脂肪やたんぱく質をエネルギーに変えるのはかなりのエネルギーを要するのです。

なので身体は通常よりカロリーを多く消費して、結果「基礎代謝」も自覚なくアップしてくれているのです。

エネルギーを作り出すために食べたお肉のカロリー分も消費してしまう。

まさにお肉を食べたら、あなたの「お肉」が食べられちゃうっていう嬉しい効果が!

さぁ、ちょっとご飯や麺類、パンを我慢して、空腹知らずの「低炭水化物ダイエット」にチャレンジしてみませんか?

*完全に炭水化物0にしなくても大丈夫。人間の脳はおよそ90gのブドウ糖を必要としているので、1日90g程度のご飯や麺類(普段1食分の3分の1量)はOKです。これは朝に摂るほうが効果的です。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。
寒天ダイエット、豆乳おからダイエット、低インシュリンダイエット、地中化意識ダイエット・・など、ダイエットの方法は数え切れません。そのなかから、代表的なダイエット法、話題のダイエット法などを取り上げてみました。
関連記事

耳つぼダイエットは6つのつぼ刺激で食欲を抑えます

耳つぼダイエットは、耳に集中するつぼへの刺激で食欲を抑制します 耳つぼダイエットとは、耳のつぼを刺激して、体のさまざまな機能を正常にしながら、それまでの太りやすく、痩せにくい体質から痩せやすく、太りに...

黒酢ダイエットについて

「黒酢ダイエット」とは、黒酢をとっていると体がアルカリ体質になり、いつまでも若々しさが保てるというダイエット法です。黒酢は1〜3年の期間をかけて熟成発行させて作られるためアミノ酸が多く含まれています。...

カルニチンダイエットとは?

「カルニチンダイエット」とは、中性脂肪、脂肪酸を活発に燃やしてくれるカルニチンを使ったダイエット法です。L-カルニチンはアミノ酸に分類される物質で、体内の脂肪酸をエネルギー源として利用する心筋や骨格筋...

サーキットダイエットの方法と効果について

サーキットダイエットの方法と効果についてですが、以前放送されたある人気番組では、サーキットダイエット方法の基本プログラムを1日に3分だけ、2週間毎日行っていました。14人が参加し、その平均効果が、なん...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索