トップ > ダイエット法あれこれ > 遺伝子型ダイエットの方法をご存知ですか?(後編)

遺伝子型ダイエットの方法をご存知ですか?(後編)

遺伝子型ダイエット〜型ごとの特徴

では、遺伝子型ダイエットの型ごとの特徴を説明します、

(1)リンゴ型の場合

β3ARという糖の取り込みを司るインスリンにかかわる遺伝子に異変があり、特徴は糖質の代謝が苦手で異変が無い人に比べて200kcalほど基礎代謝が低い傾向にあります。

ゴハンやパン、麺類などの糖質のとり過ぎで太りやすく、太るとリンゴのようなおなかポッコリ体型になりやすいです。

肥満すると内臓脂肪が増え、糖尿病をはじめ生活習慣病になる危険性が高いので注意が必要です。

(2)洋ナシ型の場合

UCP1という熱生産機能にかかわる遺伝子に異変があり、特徴は脂肪の代謝が苦手で、異変が無い人に比べて100kcalほど基礎代謝が低い傾向にあります。

揚げ物や高脂肪の肉、バターなど脂肪の多い食品のとり過ぎで太りやすく、太ると洋ナシのような下半身肥満になりやすいタイプです。

冷えも肥満の一因になり、女性の場合、婦人科系の病気になりやすいので注意が必要です。

(3)バナナ型の場合

β2ARという遺伝子に異変があり、基本的には太りにくい「逆肥満遺伝子」です。

異変が無い人に比べて、200kcalほど基礎代謝が高く太りにくいのですが、いったん太ると痩せにくい傾向にあります。

バナナのようなスマート体型が多いのですが、魚・肉・卵などたんぱく源を多くとらないと筋肉不足から太る危険性があり太ると極度の肥満になりやすいタイプです。

10代、20代はスリムでも30代中盤くらいから太りやすくなるので注意が必要です。


遺伝子型ダイエット〜ポイント」

ダイエットのポイントは

(1)リンゴ型の場合

ゴハン、パン、麺類などの糖質を減らす低糖質ダイエットを実践しましょう。
 リンゴ型の人は主食や甘いものなどの糖質が好きで、食後に血糖値があがるのを快感と感じてしまいます。しかし、体は糖質の代謝が苦手で糖質によって太ってしまいます。
  
(2)洋ナシ型の場合

油料理や肉、バターなどの脂肪を減らす低脂肪ダイエットを実践しましょう。
洋ナシ型の人は脂っこいものが好きです。しかし、脂肪が燃えにくい体質なので、余った脂肪が体に蓄えられてしまいます。

(3)バナナ型の場合

肉、魚、卵などのたんぱく源をしっかりとる高たんぱくダイエットを実践しましょう。
バナナ型の人は野菜や果物などのあっさり系が好きです。これは、たんぱく質が胃にもたれやすい体質だからです。しかし、たんぱく質不足により体力は弱くなり筋肉不足となります。


さて、あなたはどのタイプだったのでしょうか?

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。
寒天ダイエット、豆乳おからダイエット、低インシュリンダイエット、地中化意識ダイエット・・など、ダイエットの方法は数え切れません。そのなかから、代表的なダイエット法、話題のダイエット法などを取り上げてみました。
関連記事

耳つぼダイエットは6つのつぼ刺激で食欲を抑えます

耳つぼダイエットは、耳に集中するつぼへの刺激で食欲を抑制します 耳つぼダイエットとは、耳のつぼを刺激して、体のさまざまな機能を正常にしながら、それまでの太りやすく、痩せにくい体質から痩せやすく、太りに...

黒酢ダイエットについて

「黒酢ダイエット」とは、黒酢をとっていると体がアルカリ体質になり、いつまでも若々しさが保てるというダイエット法です。黒酢は1〜3年の期間をかけて熟成発行させて作られるためアミノ酸が多く含まれています。...

カルニチンダイエットとは?

「カルニチンダイエット」とは、中性脂肪、脂肪酸を活発に燃やしてくれるカルニチンを使ったダイエット法です。L-カルニチンはアミノ酸に分類される物質で、体内の脂肪酸をエネルギー源として利用する心筋や骨格筋...

サーキットダイエットの方法と効果について

サーキットダイエットの方法と効果についてですが、以前放送されたある人気番組では、サーキットダイエット方法の基本プログラムを1日に3分だけ、2週間毎日行っていました。14人が参加し、その平均効果が、なん...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索