トップ > ダイエット法あれこれ > 内臓脂肪燃焼ダイエットの方法で生活習慣病を予防するには?

内臓脂肪燃焼ダイエットの方法で生活習慣病を予防するには?

内臓脂肪ダイエットで生活習慣病を未然に予防しましょう!

美容とかスタイルが主な目的ではなく、ダイエットを健康のために行なう人が増えています。が、これは、肥満が生活習慣病の原因と一つとされているためです。他でも取り上げた、「メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)」などがきっかけになっているかもしれません。

あなたは肥満と感じていますか?ニュースによれば、肥満と感じている人が年々増えているそうですね。

しかし、ダイエット効果で減量し、スマートな体形になったとしても、必ずしも安心できるものではないのですね。なぜなら、皮下脂肪が落ちて「スリム」になっても、内臓脂肪がたまっていることがあるからです。

皮下脂肪とは、皮膚の下の脂肪層にたまる脂肪のことで、一般にダイエットのターゲットとなるのはこの皮下脂肪です。

ところが、内臓脂肪とは内臓のまわりにたまる脂肪のことをさします。

内装脂肪は皮下脂肪と違って、外見からは内臓脂肪があるとはつかみにくく、スマートな人でも、内臓周りにベットリと体脂肪が付いている場合が少なくありません。

怖いのは、生活習慣病と関係が深いのは、実は皮下脂肪よりもむしろ内臓脂肪だからなのです。
メタボリックシンドロームの判断基準にお腹周りがあげられているのは、そのためなのです。

さて、それなら、どのようにしたら「内臓脂肪ダイエット」が可能となるのでしょうか?

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて燃焼させやすいという特徴があり、これが大きなポイントになります。
ただし、無計画にやみくもに腹筋などを行なっても、筋肉はつきますが、内臓脂肪を落とすという点では、あまり効果がきたいできません。

内臓脂肪ダイエットに効果的なのは、エアロビクスで有名な有酸素運動です。

有酸素運動とは、酸素を効率的に使いながら、体脂肪を燃焼させる運動のことで、ウオーキングやジョギング、水泳などがエアロビクス以外にあげられます。つまり、有酸素運動で脂肪燃焼させながら、消費カロリーを費やすわけです。

また、食事の面に関しては、普通のダイエットと同様、食事による摂取カロリーをできるだけ抑えて、かつ必要なビタミン・ミネラル・タンパク質はきちんととるように心がけるようにします。

ここでも、適度な運動とバランスの取れた食事と言う基本の組み合わせが効果的であることがお分かりかと思います。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。
寒天ダイエット、豆乳おからダイエット、低インシュリンダイエット、地中化意識ダイエット・・など、ダイエットの方法は数え切れません。そのなかから、代表的なダイエット法、話題のダイエット法などを取り上げてみました。
関連記事

耳つぼダイエットは6つのつぼ刺激で食欲を抑えます

耳つぼダイエットは、耳に集中するつぼへの刺激で食欲を抑制します 耳つぼダイエットとは、耳のつぼを刺激して、体のさまざまな機能を正常にしながら、それまでの太りやすく、痩せにくい体質から痩せやすく、太りに...

黒酢ダイエットについて

「黒酢ダイエット」とは、黒酢をとっていると体がアルカリ体質になり、いつまでも若々しさが保てるというダイエット法です。黒酢は1〜3年の期間をかけて熟成発行させて作られるためアミノ酸が多く含まれています。...

カルニチンダイエットとは?

「カルニチンダイエット」とは、中性脂肪、脂肪酸を活発に燃やしてくれるカルニチンを使ったダイエット法です。L-カルニチンはアミノ酸に分類される物質で、体内の脂肪酸をエネルギー源として利用する心筋や骨格筋...

サーキットダイエットの方法と効果について

サーキットダイエットの方法と効果についてですが、以前放送されたある人気番組では、サーキットダイエット方法の基本プログラムを1日に3分だけ、2週間毎日行っていました。14人が参加し、その平均効果が、なん...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索