トップ > ダイエットで知っておきたい知識 > ダイエットの敵はストレスにあり!肥満とストレスの関係とは?

ダイエットの敵はストレスにあり!肥満とストレスの関係とは?

ダイエットの敵はストレスにあり!肥満とストレスの関係とはどうなっているのか、みてみたいと思います。

あなたは肥満と感じていますか?ニュースによれば、肥満と感じている人が年々増えているそうですね。

肥満にはさまざまのパターンがありますが、その中でも普段の生活の中で起こるストレスとも密接な関係が有るようです。

もっとも、肥満に限らず、ストレスが多くの疾患の誘因になっていることは研究により明らかなりつつあるようです。

例えば、「何らかのショックで何も喉が通らない」というような状態を
経験されたことはありませんか?

急激に強いストレスやショックを受けた場合は、食欲が減退してしまうそうですが、その逆に慢性的にストレスがかかっている場合は、食欲を増進させてしまうそうです。

すなわち過食 になってしまうわけですね。

基本的に人間の体は一定の体重に保とうとする性質を持っていて、食欲の調整が自然に行なわれているそうなのですが、慢性的なストレスがかかると、どうしても過食になってしまうそうです。


食事(特に甘いもの)により、脳内に快感物質が分泌され、それがストレスをやわらげる役目を果たすことになるそうです。

なんとなくイライラして、ついつい食べ物に手が伸びてしまう人、暴飲暴食に走ってしまう人は要注意かもしれませんね。

太ると、また「太っている」ということに対してストレスを感じてしまったりしますものね。

悲しき悪循環です。

肥満を防ぐためには、まず慢性的にストレスをためないようにうすることも大切なのですね。


脂肪には、脂肪酸、中性脂肪、コレステロール、リン脂質の4種類が存在するそうです。

コレステロールも脂肪の一種で、コレステロールは目に見えない脂肪、中性脂肪は目に見える脂肪というふうに理解すればよいみたいです。


コレステロールも中性脂肪と同じ様に、体にとってはなくてはならない存在なのですが、体に貯まりすぎると害になってしまいます。

コレステロールは私たちの体の細胞の細胞膜をつくる材料になったり、男性ホルモンや女性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどのホルモンや、胆汁酸の原料にもなっているそうです。
コレステロールは、私たちの体に欠かせない物質であり、1日あたり1〜1.5gは必要のようです。

しかし、必要量を超えたコレステロールは、動脈硬化など、体に害を及ぼしてしまうとのことです。

やはり日ごろの食生活で、摂り過ぎないように注意する必要があるのですね。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。
ダイエット法は実にさまざまなものがあります。しかし、なかには極端な方法、危険を招きかねない方法もあります。ダイエットの基礎知識や、知っておきたい情報を整理してまとめて見ました。
関連記事

ダイエットレシピとは?

ダイエットレシピとは? さまざまな種類のあるダイエットレシピは、たくさんの人が少しでもカロリーを抑えるために工夫して考えられています。 それぞれ違った良さのあるダイエットレシピは毎日食べる食事の中で健...

ダイエットレシピの組み合わせはどうしたらいい?

ダイエットレシピの組み合わせはどうしたらいいの? ダイエットレシピにはさまざまなものがあります。 本当に多種多様なものがあり、考案した方の考えもさまざまです。 栄養素、材料、バランス、作るときのポイン...

脂質はダイエットの敵なのか?

脂質はダイエットに天敵!と思っている方は少なくないと思います。 ”脂”なんて漢字が使われているからでしょうか? 油は1g9kcalだそうです。 油をまったく摂らないのはからだにとっても決して良いとはい...

ダイエットの基本〜朝食・昼食・夕食のとり方

ダイエットの基本〜朝食・昼食・夕食のとり方 1.朝食をしっかり食べる 朝は時間がなく朝食を食べない、ダイエットをしているからちょうどいいと考える人も少なくないようですが、これは、ダイエットにはかえって...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索