トップ > ダイエットで知っておきたい知識 > 産後太りの解消とダイエットの方法には?

産後太りの解消とダイエットの方法には?

産後太りのがきになるものです。

もとのたいけいにもどれるのかしら?・・産後太りの解消とダイエットには、どんなポイントがあるのか、みていきましょう。

産後太りの原因とは?

後太りの原因はいろいろと考えられますが、その中でも、基礎代謝量の低下、骨盤の歪み・開き、および腹筋の伸びを挙げることができます。

1.基礎代謝量の低下

妊娠中はお腹が大きくなるため、どうしても動作がゆっくりになりがちです。

そのため、体の各部分の筋肉が衰えたり筋肉の量が減ったりして脂肪の割合が増えます。

その結果として、基礎代謝量が低下し、カロリーを消費しにくい太りやすい体になってしまうのです。

2.骨盤の歪み・開き

出産の際に開いた骨盤は、産後も一定期間そのままの状態にあります。

これがうまく元に戻らないと、開いた骨盤の中に腸や胃が落ち込み、下腹部がぽっこりと出たり、お尻が大きくなってしまうことがあるのです。

3.腹筋の伸び

妊娠によりお腹が大きくなると、長いあいだ腹筋が伸びたままの状態が続きます。

通常、内臓は腹筋によって守られているのですが、腹筋を伸びたままにしておくと、身体は皮下脂肪を蓄えて内蔵を守ろうとするため、産後に下腹がぽっこり出てしまうことが多いのです。


産後ダイエットの方法とは?

産後ダイエットは、産後6ヶ月以内が勝負です。

妊娠・出産という非常事態に対応した身体も、産後は元の状態を回復しようとしているので、
この時期に少し身体に手を貸してあげれば、意外とすんなりダイエットできるものなのです。

逆に、妊娠中の食習慣や体を動かさない生活をだらだら続けていると、その体型が定着してしまうことになりやすいのです。

通常のダイエットと同じく、産後ダイエットでも運動と食事が基本となります。

ただ、産後ダイエットでは「体重」を減らすことより体型を戻すことの方が重要ですので
食事のカロリーを気にするよりも次のようなことに注意することが大切です。


食事の摂り方

・一日3食、きちんとよく噛んで食べる
・間食は控えた方がよいが、どうしても食べたい場合はフルーツ類にする
・多くの食品を摂る
・食物繊維の多い食品を意識して食べる
・たんぱく質を摂るなら肉よりも魚にする
・ファーストフード・ジャンクフード・菓子パンなどは避ける
・ごはん・パン・麺類・フルーツなどは朝と昼にしっかり食べ、夜は控える

以上のようなことに気をつけて、産後の体形の崩れを解消しましょう

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。
ダイエット法は実にさまざまなものがあります。しかし、なかには極端な方法、危険を招きかねない方法もあります。ダイエットの基礎知識や、知っておきたい情報を整理してまとめて見ました。
関連記事

ダイエットレシピとは?

ダイエットレシピとは? さまざまな種類のあるダイエットレシピは、たくさんの人が少しでもカロリーを抑えるために工夫して考えられています。 それぞれ違った良さのあるダイエットレシピは毎日食べる食事の中で健...

ダイエットレシピの組み合わせはどうしたらいい?

ダイエットレシピの組み合わせはどうしたらいいの? ダイエットレシピにはさまざまなものがあります。 本当に多種多様なものがあり、考案した方の考えもさまざまです。 栄養素、材料、バランス、作るときのポイン...

脂質はダイエットの敵なのか?

脂質はダイエットに天敵!と思っている方は少なくないと思います。 ”脂”なんて漢字が使われているからでしょうか? 油は1g9kcalだそうです。 油をまったく摂らないのはからだにとっても決して良いとはい...

ダイエットの基本〜朝食・昼食・夕食のとり方

ダイエットの基本〜朝食・昼食・夕食のとり方 1.朝食をしっかり食べる 朝は時間がなく朝食を食べない、ダイエットをしているからちょうどいいと考える人も少なくないようですが、これは、ダイエットにはかえって...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索