トップ > カロリーコントロール > 和食はダイエットカロリーコントロールのメニューに最適?

和食はダイエットカロリーコントロールのメニューに最適?

和食がダイエットカロリーコントロールのメニューに最適ということは、意外に知られていないかもしれません。和食は、ダイエットを志す世界中の人々から注目されているのです。

なぜ、和食がダイエットメニューとして優れているのでしょうか?

1.まず第一のポイントとしては、脂肪分が少ないということです。

脂肪は炭水化物に比べて、同じ量ではるかに高カロリーですが、和食の主食となるご飯には、この脂肪がほとんど含まれていません。

ところが、洋食の主食となるパンには、原料の小麦粉の他にもバターやマーガリンが使われていますので、全体として脂肪を含む高カロリーになりがちです。

ですから、同じ量を食べたとしても、洋食に比べた場合、もともと脂肪分が少ない和食メニューの方がはるかに低カロリーで、ダイエットに適しているということになるのですね。

2.二つめのポイントは、食物繊維が多いことがあげられます。

よく、ダイエットの大敵として挙げられるものに、便秘があります。

なぜ便秘がダイエットの大敵かというと、腸から毒素が吸収され、それが全身に回ることで、体の代謝機能を大幅に衰えさせるからです。このあたりのことは、「デトックス」の項目で詳しく説明します。

問題となる便秘を解消してくれるのが、食物繊維というわけなのです。

食物繊維は腸の働きを高め、便通を促してくれます。
また食物繊維には、ほかにも体内の余分な脂肪を排出する効果もあります。

3.第三のポイントは、ミネラルが豊富に含まれていることでしょう。

ミネラルは体内の酵素を正常に働かせるために欠かすことのできないものであり、これが不足すると、やはり基礎代謝が低下して「ダイエットしてもやせない体」になってしまうのです。

伝統的な和食である味噌汁や鍋物などの“汁物”などには、だしをはじめ、魚介類と言った素材そのものなどミネラル豊富な海産物が多く含まれており、日常ついつい不足しがちなミネラルを、自然な形で補うことができます。

こうしてみると、日本の伝統的な食事、和食がダイエットを成功させるために、ダイエットメニューとして優れていることがお分かりでしょう。トーストとサラダと言う朝方スタイルを見直して、より積極的に取り入れてみることも考えて見たい物ですね。

もう一度、和食がダイエットメニューとして理想的であることをみておきましょう。

ダイエットメニューとして、優等生なのは和食です。

なぜなら、和食は、煮物や酢の物、和え物や焼き物といった、ご飯を中心として油を使わないので低脂肪、低カロリーな献立になっているからです。

和食のご飯は、野菜や海藻など食物繊維の豊富な食材ともよく合います。

食物繊維は体内の余分な脂肪を排出する働きがあるので、これまたダイエットメニューとしてすぐれていますね。

例えば、そばは白米や小麦粉に比べてタンパク質の含有量がとても多く、アミノ酸スコアが非常に高く、ミネラル、ビタミンも程良く含んでいて、そば単独で栄養バランスのとれてる優れた食品です。

この記事のカテゴリーは「カロリーコントロール」です。
ダイエットカロリーコントロールの基礎情報を整理し、まとめています。ダイエットの基本はカロリーコントロールと適度な運動です。無理なく、計画的にダイエットを成功させましょう。そのために、少しでもお役に立てれば幸いです。
関連記事

和食はダイエットカロリーコントロールのメニューに最適?

ダイエットメニュー,和食,便秘,食物繊維,ミネラル,デトックス

ダイエットカロリーコントロールの方法に適したダイエットメニューとは?

ダイエットカロリーコントロールのメニューで無理なくやせましょう! ダイエットを成功させるために、まず必要になってくるのが食事のコントロールであることはどなたも理解されていると思います。とはいっても、必...

オメガ4:3:3ダイエットの法則とは?

オメガ4:3:3ダイエットの法則について ダイエットで痩せたいと思う人のほとんどが、脂質や炭水化物を避けるなど、間違った食事制限をしがちです。 脂質と炭水化物を食べないことにより、たしかに摂取カロ...

カロリー計算でカロリーコントロールを規則的に!

カロリー計算,コントロール,摂取カロリー,消費カロリー,ダイエット,成功,肥満

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索