トップ > カロリーコントロール > オメガ4:3:3ダイエットの法則とは?

オメガ4:3:3ダイエットの法則とは?

オメガ4:3:3ダイエットの法則について

ダイエットで痩せたいと思う人のほとんどが、脂質や炭水化物を避けるなど、間違った食事制限をしがちです。

脂質と炭水化物を食べないことにより、たしかに摂取カロリーは抑えられますが、反面、基礎代謝自体が低下してしまい、かえって体脂肪を溜め込みやすい体になってしまいまうのです。

あなたは肥満と感じていますか?ニュースによれば、肥満と感じている人が年々増えているそうですね。

肥満を改善するには、まず健康を整えることが先決です。

そこで、このオメガ4:3:3ダイエットの法則が役に立ちます。
4:3:3というのは、健康的な体を維持するのに、最高に有効とされている食事毎の摂取栄養素のエネルギー比率の理想を示しています。

脂質や炭水化物を抜いた食事に比べると、カロリーは高くなったように思われますが、1回の食事を、

1.炭水化物40%
2.たんぱく質30%
3.脂肪30%

で構成されたものにすることにより、体内に蓄積された余分な糖と脂肪がもっとも燃えやすい状態になり、結果的にウエイトダウンできるということです。やはりバランスが大事なんですね。

ダイエットで痩せることばかりに気が向きがちですが、肝心な体と健康を損ねては元も子もありませんから。

オメガ4:3:3ダイエットの法則とは?

オメガ4:3:3ダイエットの法則とは、健康的な体を維持するのに有効とされている食事毎の摂取栄養素のエネルギー比率の理想を示したものです。

多くの人が、痩せたいと願うあまりに、脂質と炭水化物を避けるなどといった、間違った食事制限をしているのが現状です。

脂質と炭水化物を摂らなければ、物理的に摂取カロリーは制限できますが、基礎代謝が低下してしまうので、逆効果なのです。つまり、生命維持の働きから、体脂肪を溜め込みやすい体になってしまうのです。

ダイエットのための肥満を解消したいのなら、まず健康バランスを整える事が必要になります。

そこで登場するのが、「オメガ4:3:3ダイエットの法則」です。

この場合、脂質や炭水化物を抜いた食事と比較するとカロリーは高くなったように思いますが、1回の食事を、炭水化物40%・たんぱく質30%・脂肪30%で構成されたものにする事で、体内に蓄積された余分な糖と脂肪が、もっとも燃えやすい状態になり、結果的にウエイトダウンできるようになります。

大変優れた考え方であります。

この記事のカテゴリーは「カロリーコントロール」です。
ダイエットカロリーコントロールの基礎情報を整理し、まとめています。ダイエットの基本はカロリーコントロールと適度な運動です。無理なく、計画的にダイエットを成功させましょう。そのために、少しでもお役に立てれば幸いです。
関連記事

和食はダイエットカロリーコントロールのメニューに最適?

ダイエットメニュー,和食,便秘,食物繊維,ミネラル,デトックス

ダイエットカロリーコントロールの方法に適したダイエットメニューとは?

ダイエットカロリーコントロールのメニューで無理なくやせましょう! ダイエットを成功させるために、まず必要になってくるのが食事のコントロールであることはどなたも理解されていると思います。とはいっても、必...

オメガ4:3:3ダイエットの法則とは?

オメガ4:3:3ダイエットの法則について ダイエットで痩せたいと思う人のほとんどが、脂質や炭水化物を避けるなど、間違った食事制限をしがちです。 脂質と炭水化物を食べないことにより、たしかに摂取カロ...

カロリー計算でカロリーコントロールを規則的に!

カロリー計算,コントロール,摂取カロリー,消費カロリー,ダイエット,成功,肥満

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエットで知っておきたい知識」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ダイエット法あれこれ」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索